東京医科大学健康保険組合
ライフシーン検索
病気やけがをしたときは?
けんぽのご案内 もっと知りたい健康保険 申請書 保健事業 HOME
HOME > ライフシーン検索 > 家族を被扶養者にしたいとき(被扶養者認定)
家族を被扶養者にしたいとき(被扶養者認定)
 

 健康保険では、被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている家族も加入することができます。この家族のことを「被扶養者」といいますが、被扶養者の範囲は法律で決められています。



手続き  
 

 被扶養者となるためには、健康保険組合の認定を受けなければなりません。家族を被扶養者としたいときは、下記の書類に必要事項を記入し、必要書類を添えて、5日以内に各施設の人事担当課に申請してください。

手続書類:

1.

「健康保険被扶養者(異動)届」

2.

「被扶養者認定を申請するときの添付書類」

※異動があった日から5日以内に提出してください。

「被扶養者認定を申請するときの添付書類」についての詳細は各施設の人事担当課にご相談ください。

 

手続書類(申請書、届出用紙等)は各施設の人事担当課にあります。

 



● 被扶養者の範囲


 被扶養者となるためには、主として被保険者の収入によって生活していることが必要です。扶養の基準としては、被扶養者となる人の年間収入が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、被保険者の収入の2分の1未満であることとされています。
 また別居している父母などを被扶養者とするためには、被扶養者となる人が得ている年金などの収入金額を超える額の生計費援助を行っていることが条件となります。送金証明など事実確認ができるものを揃えておく必要があります。
 ただし、75歳以上の高齢者は後期高齢者医療制度の被保険者となりますので、健康保険の被扶養者にはなれません。


三親等内の範囲−説明図

※平成28年10月1日より、兄姉の認定条件について、「同居」の条件がなくなりました。

● 被扶養者に異動があったとき


 就職や別居、死亡などで、それまで被扶養者に認定されていた家族が、被扶養者の認定基準を満たさなくなった場合は、被扶養者からはずす手続きが必要です。
  また、被扶養者が75歳になった場合にも、被扶養者からはずす手続きが必要となります。
  くわしくはこちらをご参照ください。>> 「被扶養者からはずすとき」



 
 

国民健康保険に入っている父母を私の被扶養者に移したいのですが?

 

 単に給付内容がよいからという理由で、家族を移すことはできません。被扶養者にするためには、被保険者によって実際に扶養されていることが必要です。

 
 

 
 

扶養家族の申請に必要な扶養していることを証明できる書類とはどんなものですか?

 

 たとえば、学生については在学証明書などで証明できます。それ以外の人なら市区町村長発行の所得証明書等がこれにあたります。

 
 

 
 

別居している義父母を被扶養者にすることができますか?

 

 妻の父母を被扶養者とするには、主としてあなたが生計を維持していることと、同居していることが条件になります。したがって、別居している場合には被扶養者にすることができません。この場合は国民健康保険等に加入することになります。

 
 


一つ前のページへ ページの先頭へ
  結婚したとき
  子どもが生まれたとき
  親と同居などで新たに家族がふえたとき
一つ前のページへ
〒160-8402 東京都新宿区新宿6-1-1 TEL.03-3351-6141(代) FAX.03-3226-5214
サイトマップ リンク 個人情報保護
COPYRIGHT(C) 2006 東京医科大学健康保険組合 ALL RIGHTS RESERVED.